三河物語 徳川家康25の正念場

家康研究の一級史料でたどる名場面と生涯

『三河物語』は、家康の側近・大久保彦左衛門が、そばに仕える中で見聞きしたエピソードを書きつづった、家康研究の一級史料。
そこに語られる天下人・ 家康の生涯は、試練とピンチの連続だった…!

著者:伊藤賀一

新書版/256ページ/モノクロ
¥900+税/2023年1月発行
ISBN:978-4-434-31484-1

タイトルとURLをコピーしました